保育士になるために

学校

保育士の資格を取得するためには、短期大学か四年制大学、専門学校を卒業するか、国家資格になりますので国家試験を受けて合格しなければなりません。 近年では幼保一元化が叫ばれ、こども園という幼稚園と保育園の機能を両方兼ね備えた保育施設を作る動きが強まってきています。 その他待機児童を減らすための二歳児までを保育する保育園や、保育ママ、育児のフォローの為に各自治体で運営される子育て支援施設などの職員等、採用の幅が保育園以外にも沢山広がっていくことでしょう。 従来型の保育園も、昨今の保育園事情や待機児童の問題を考えるとまだまだ保育士不足が散見されますので求人も多い事でしょう。 大学で保育を専門に学ぶ以外に初等教育を専門に学ぶと保育士の資格も卒業と同時に取れる場合も多々ありますが、今後は希望者には別に単位を取らせて中学・高校の免許と共に保育士の資格が取れる大学も出てきそうです。

上記でも述べたように今後は幼保一元化がさらに進み、幼稚園と保育園が一体になったこども園がどんどん作られていくこととなります。 その際に保育士だけ、もしくは幼稚園経論だけのいづれか片方の資格だけだと就職する際に不利になってしまう可能性もあります。 ですから、学位をとるとき(卒業する際)には保育士と幼稚園経論の両方取れる大学や短期大学、専門学校を選ぶことが賢明です。 幼稚園と保育園は似ているように思えますが、そもそも管轄している省庁が違うのです。保育園は厚生労働省の管轄で幼稚園は文部科学省の管轄となります。 授業で勉強するのは勿論二つの園に実習に行かなければなりませんので、幼稚園・保育園の違いがとてもよくわかるでしょう。 違いを理解することにより、仕事の幅もぐんと広がります。