個別指導の特徴

学校の廊下

個別指導では、生徒一人一人に合わせたカリキュラムで教えてもらえますので、「この科目のこの分野が苦手」というようなピンポイントの学習も可能だといえるでしょう。自分がどのようなところが苦手で個別指導塾に通うのかということをはっきりさせておくと、より自分に合った授業をしてもらえるかもしれません。 個別指導といっても、先生1人に対して生徒1人だけという授業形態ばかりではありません。先生1人に対して生徒が2人や3人という塾もありますので、自分は1対1で教えてほしいという場合は、その授業に対応しているところを探すようにしましょう。 また、個別指導の塾は多くありますので、ホームページなどを見て自分に合うのかどうかということを判断していく必要もあります。

入塾説明会などに出向く場合、親子で一緒に行った方がいいといえるでしょう。親だけが気に入っても通うのは子供ですし、子供だけが気に入っても親の目線から見たらイマイチということもあります。親子で気に入る個別指導塾を見つけるためにも、可能ならば一緒に判断していくといいかもしれません。 個別指導塾を見に行くならば、見るべきポイントを工夫していきましょう。まずは机を見てみます。机に落書きが多いという印象ならば、そこの個別指導塾は避けた方が無難かもしれません。授業中などに落書きができるような環境かもしれないからです。また、トイレなど他の設備も清潔さを感じないならばやめた方がいいかもしれません。 そして、説明会で説明する人だけでなく、そこにいる他の塾側のスタッフの対応がどうかもチェックしておきましょう。