効率的な勉強

教室

 塾通いには様々なメリットがありますが、「自分でこの場所を活用しよう。工夫して通おう。」と取り組むことでより効果的に通うことができます。  私はかつて講師を行っていましたが、工夫することと言っても難しいことは何もありません。大きく分けて2つ工夫することがあります。  1つ目は「時間を守ること。」です。当たり前じゃないか、と思う方もいるかも知れませんが、時間を守ることにより塾で無駄にする時間はなく最初から勉強に集中できます。また、生活習慣が改善され家庭での生活が整い、塾以外の時間でも勉強する時間が持てます。  2つめは「宿題を必ずすること。」です。これは「人との約束を守る、自分との約束を守ること。」につながります。自分との約束を守れるようになると、自学自習をするときに、自分で勉強のスケジュールを立て進めていくことができます。  このように必ずこの2つを意識するだけで、塾で勉強する以外の時間にも応用が利くメリットを得ることができます。

 現在の塾は「個人指導」といって1対1、もしくは少人数で授業を行うことが段々と主流になってきました。大人数の生徒の前に先生1人が立ち、黒板に教える内容を書きそれを生徒が書き取るというスタイルは少なくなってきました。  というのも、少子化に伴い個人個人の性格や勉強進度に合わせて、勉強を教えようということが重視されるようになってきているからです。  また、勉強のみを教えるのではなく、家での学習をどのように進めるか「勉強のやり方」を教える塾も増えてきました。塾に行っている間だけ勉強をするのではなく、家に帰っても自分で「自学自習」をする力をつけてくれる取り組みを行い、他の塾との差別化を図っています。  今や塾は「勉強を教えてくれる場所」だけではありません。「勉強のやり方」も教えてくれる場所なのです。